Close

Venue D.I.

Acoustic Guitar Preamp + DI

ライブに必要な機能をフル装備の、ペダル型プリアンプ

ライブ向け

多機能ペダル型

ノッチを含む、5バンドイコライザー、フルアイソレーションD.I.、クリーンブースト、クロマチックチューナー、ミュートなど、最も多機能のペダルタイプのプリアンプです。

世界中のプロの音場で定番となっているエルアールバッグスのプリアンプPara Acoustic D.I. のノウハウをベースに、さらにハイレベルのニーズを求めるギタリスト向けに設計。あらゆるノイズを分離しクラス最高レベルの静粛性を実現したフルアイソレーションD.I.、任意の設定が可能なクリーンブースト、視認性に優れたチューナー、精密堅牢設計のリセッスド・デザインを採用するなど、サウンド面だけでなくプレーヤーサイドに立ったプレイヤビリティをも極めたプリアンプです。

Venue D.I.

価格:オープン

実勢価格:¥37,000(税込¥40,700)

JAN:4580228390023

Features

  • ■XLRアウト専用の高品質のトランスを使用:レコーディングスタジオや大会場でもグラウンドノイズをシャットアウトするプロ設計
  • ■100%ディスクリート回路:超ノイズレスで透明なサウンドをお約束します。(9Vバッテリー、DCアダプター両対応)
  • ■入力感度調整:容易に確認が可能なVU メーターを採用しピックアップごとに違う感度調整をゲインコントロールで調整
  • ■Garret Null ノッチフィルター:フィードバックするポイントをワンタッチで探し当て、不要なフィードバックを簡単に解決
  • ■クロマチックチューナー:視認性に優れたチューナーはフットスイッチを踏むとミュートで確認チェック。キャリブレーション機能は無く440Hz固定です。
  • ■クリーンブースト:左側のフットスイッチでノーマル又は原音のまま音量アップのクリーンブーストが選べます。ブーストの可変幅は+9dB
  • ■堅牢設計のケース:耐久性に優れたケースに各種コントロールにメタルシャフトを使用しコントロール破損の心配がないリセッスドデザインを採用
  • ■Phase Inversion 位相切替:+/-の位相を切替えフィードバックに対応
  • ■100% QC:海外で生産されたパーツも含め自社工場でアセンブル。100%の品質管理で自信を持っておすすめします。
  • ■VU Meter for Gain:入力感度調整は目視確認が容易なVU メーターを採用
  • ■Battery 残量表示:4分割されたLED表示でバッテリーの残量が確認
  • ■Effect Loop:外部エフェクトの接続に便利なエフェクト・センド/リターンの入出力端子

Spec.

インプット
  • インプットインピーダンス: 10 MΩ
  • プリアンプゲイン: -12dB to +26dB
  • 入力レベル:-25dBv to +1.8dBv (.053Vrms to 1.23Vrms)
EQ
  • ノッチ: -21dB, sweepable from 60Hz to 320Hz, 1/8 Octave
  • ローミッド:+/- 12dB @ 250Hz, sweepable from 100Hz to 500Hz
  • ハイミッド:+/- 12dB @ 1kHz, sweepable from 500Hz to 2.8kHz
  • プレゼンス:+/- 12dB @ 3kHz
  • トレブル:+/- 12dB @ 10kHz
エフェクト
  • センドレベル:0 dBv (0.707Vrms)
  • エフェクト出力インピーダンス:600Ω
  • リターンレベル:0dBv (0.707Vrms)
  • 入力インピーダンス:80kΩ
DI出力
  • DI出力レベル:-1dBv (0.88Vrms) バランスド
  • DI出力インピーダンス:600Ω (Transformer coupled)
ライン出力
  • ライン出力レベル:-1dBv (0.88Vrms) アンバランスド
  • ライン出力インピーダンス:200Ω
パワー
  • 消費電力: 0.65W Max @ 9V
  • DC電流:12mA (without tuner), 66mA (with tuner)
  • 対応電圧:7.5VDC Min – 12VDC Max
  • パワーサプライ規格:9VDC 100mA (or 1Watt) 以上
  • SN比:90dB、無負荷
寸法 19.4(W) x 19(D) x 3.8(H)cm
重量 1.1kg

アクティブとパッシブ

パッシブタイプ:ピックアップの信号をダイレクトに出力します。バッテリーは使いません。音量は低めなので、十分な音量を得たい時は、ファイブプリアンプ等が必要となります。

 

アクティブタイプ:プリアンプが内蔵されており、ピックアップの信号を増幅してから出力します。プリアンプを駆動するため、バッテリーを使います。十分な音量があり、アンプやP.A.を選ばず出力できます。

一般的に使い勝手はアクティブタイプの方が好まれますが、ギター内部のバッテリー交換の煩わしさを避けたり、別のプリアンプを使用したい等の理由で、パッシブタイプを選ぶプレイヤーもいます。